人気ブログランキング |

かたん工作日記

kohsaku.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々の話( 607 )


2019年 04月 13日

小道具さん

ウチの奥さんは、若い頃に 
いわゆる「小道具さん」という仕事をしていた事がある。
「小道具さん」とは何か、というと、
映画やドラマなんかの家具やお皿、家電、雑貨みたいな物を
監督さんや美術さんと相談しながら、調達してくる仕事らしい。

そんなわけで、「昔してたんでしょ?やってくれない?」
というオファーが来てしまったもんで、
さらに、そのオファーの内容が
「奄美の琉球支配時代と薩摩支配時代」だったもんだから、
我が家は、現在、古道具屋状態です。
まあ、その映画の話はここまでにしておいて。

そんな彼女の調達品のひとつに「かんざし」があって、
撮影シーンの都合上、借りたカンザシのレプリカが必要になってしまった。
というのが、今回の話。

「これなんだけどね」
と差し出しだされた本物のカンザシ。
ネットで調べると、売ってるじゃん。
「買えば?っていう気持ち」と「作ってみたいっていう気持ち」が
あった場合、まあ、作る方に軍配があがるわけで、、、。
と、いうことで、作ってみた。

沖縄のカンザシでジーファーというらしい。
借りた本物はたぶん真鍮製。
でも、真鍮の在庫が無いのと、
作れるか自信がなかったのとで、
今回は銅の棒を使ってみる。
d0051533_12030119.jpg
まずは、丸い棒を叩いて、耳かきみたいな小さいスプーン状の部分を作ってみる。

d0051533_12030796.jpg
右が本物。


d0051533_12031298.jpg
左奥が本物。
あとは何個も試しながら、
作ってみてるとこ。
右端のは真鍮材だけど、
熱のかけかたが難しくて、あきらめた。
d0051533_12032177.jpg
奥が本物。手前が今回作ってるやつ。
やっぱり、本物の繊細な感じが出ない。
d0051533_12031781.jpg
とりあえず、形ばかりだけど、レプリカが2本できた。
銅は柔らかいから実用品では使えないねぇ。


by takemaru-01 | 2019-04-13 13:14 | 日々の話 | Comments(0)
2019年 04月 05日

重たい

ユンボのバケットって切れますか?
という、ご相談。
d0051533_10460738.jpg
まあ、切るだけじゃなくて、
4分割にスライスして幅の狭いバケットにするっていう仕事なんだけど、
バケットの材質が軟鋼ならいけるけど、
45Cとかだったら、溶接割れるんかなーと考えながら、とにかく切ってみた。
d0051533_10461460.jpg
切りながら、そういえば昔、友達のホイールローダー?のバケット直す仕事したなー。
元気してるかなー。
あれに比べれば、軽いけど、でも、まあまあ重い。
さらに、何層も貼り付けてあってプラズマが通らない箇所もあったけど、
とりあえず切れた。
切れたので、側面板も同様に切って外してから、
もし、反対側を切った時にバイ~ンって広がっちゃったら、
人力では戻せないかもしれないので、
まずは溶接してくっつける。
たぶん大丈夫だとは思うけど。
d0051533_10461774.jpg
片側を溶接後、反対側を切断。
バラバラにする。
4回目は手馴れてきて、上手に切れた。
d0051533_10462310.jpg
完成!
幅狭いユンボのバケット。
内地(離島からみて本州や九州の事)では
ヤフオクとかで安めでゴロゴロ売ってるけど、
ここは奄美。
船便で取り寄せるよりは、普段使わなくなったもんを改造して使う方が
効率良いってことで。
d0051533_10461056.jpg


by takemaru-01 | 2019-04-05 11:06 | 日々の話 | Comments(0)
2019年 04月 01日

島に住む理由

なんか今日は、やたらウチの前の海に向かって、人が来るなーって思ってた。
集落内は知ってる人しかいないので、
たまに知らない人が入ってくると、目立つ。
いつもは「貝拾い」とか「釣り」「空港降りて真っ先に海を目指す観光客」という感じなのに、
今日の「知らん人達」は、なにか風体が違う。
普通のおじさん達。

その夜に空港にブルーインパルスが来てるって噂が入ってきて、なるほどなーと納得した。
て、いうか!
おじさん達、オレに教えてよ!
飛行機が毎日見れるっていう理由で空港近くの集落に住んでるオレを誘ってよ!
作業場に「T6」のラダーかエレベータを飾ってるほどの飛行機好きのオレを誘ってよ!
ブルーインパルスの着陸シーン見たかったよ!

と、いう事で翌日の朝、
自宅前の海で予備の7番機到着シーンを撮り、
d0051533_08383207.jpg
空港にカメラ持って全員集合の写真を撮り。
d0051533_08384058.jpg
さらに名瀬市内上空で展示飛行すると聞いて、
家族で観に行って、大満足な日曜でした。
d0051533_08383791.jpg
ちなみに、これが T6(テキサン)の方向舵らしきパーツ。
実家にはコレの座席も倉庫にあるので、いつか持ってきたいなぁ。
d0051533_08530988.jpg


更新を通知する


by takemaru-01 | 2019-04-01 08:55 | 日々の話 | Comments(0)
2019年 03月 27日

ひみつきち

島に来て、自分の作業場を作り続けて、はや5,6年くらい。(たぶん)
やっと、鋼材を定尺のまま(6mくらい)おける材料棚と
長い切断テーブルが設置できる壁を作れた。
でも、自分の土地ではないので、引越さなければならない可能性も考えて、
解体の事も考えて作ってる。
やり過ぎないように。(じゅうぶんやり過ぎな感じもするけど)
d0051533_21581856.jpg
d0051533_21581276.jpg
そんなわけで、
自分の基地作りを楽しそうにしているお父さんを見た娘から、
「秘密基地を作ろう」とせがまれ続けて、はや1、2年。
ちょい前の日曜に子供2人の遊び相手と防風林の手入れがてら、
「やれやれ」と重い腰を上げてみた。
今の時期は蚊も少ないし、汗だくにもならないので、ちょうど良いしな、と。

藪を刈って、姿を現すガジュマル。
ここに基地を作る。
子供達のやる気を出させる為と、オレの作業を邪魔させない為に
まずは、ブランコを作っておく。
d0051533_21584076.jpg
これだけで、子供達は浮かれている。
作戦成功だ。
d0051533_22464888.jpg
がんばって材料を率先して運ぶ言いだしっぺの上の子。
なんか「北の国から」のドラマを思い出した。
南の国だけど。
d0051533_22514638.jpg
やっぱり、秘密基地といえば、木の上って事で、
ツリーハウスにする。
ちょうど良く、水平に近い木が3本走ってたので、
そこに木枠を結んで、
床を作る。
さすがに階段は時間がかかるので、
壊れた脚立で代用。
今度、ちゃんと作る約束をさせられた。
d0051533_21583472.jpg
めっちゃ嬉しそうな言いだしっぺの上の子。
手摺りはやっぱり木で作るのイイねーとか、
注文が多い。
d0051533_21582881.jpg
下の子は「文句たれ」でうるさいので、(焚き火がクサイとかツカレタ~とか)
防風林の藪の中をグルリ1周できるように、
お子様ダートコースを作ってあげたら、嬉々として走り回ってた。
う~ん、ポケバイで走ったら面白そう、、。
d0051533_23064489.jpg

と、まあ、ある日曜の話でした。
(ちゃんと仕事もしてます)

d0051533_21580755.jpg







by takemaru-01 | 2019-03-27 23:21 | 日々の話 | Comments(0)
2019年 03月 06日

記憶回路

ついさっきの事とか憶えられずに、
次々と上書きされていくオレの記憶回路が突然、
大昔の記憶を掘り出した。

子供とお風呂に入ってる時に突然でた鼻歌。
あれ、これなんだっけ?
うわー、懐かしい感じがするから童謡系なんだけど、、
ウチの奥さんに聞かせても知らないみたいだし、、。
なので、ネットで歌詞を検索してみる。
おっ!知恵袋で同じの調べてる仲間を発見!
でも、さすがに動画もCDも見つからなくて、
ヤフオクでレコード買ってしまった。
d0051533_08205218.jpg
お目当ては「さかなとにんじん」ていう曲。
「なんだなんだなんだなんだなんだ~」
て、とこと、
「ギョーザみたいにぺロリと食べちゃうぞ」
て、とこだけ憶えてた。
d0051533_08204497.jpg
これなーに?と、レコードを不思議そうに見る子供達。
d0051533_08204797.jpg
久しぶりに聴いて、とりあえずスッキリ。
ジャケット見てて思ったんだけど、
「パタパタママ」見てたら、「アンナミラーズ」を思い出した。
で、「アンナミラーズ」ってまだあるのかな?と調べ始める。
ネットの時代って便利というか、キリがないねぇ。
d0051533_08274253.jpg


by takemaru-01 | 2019-03-06 08:33 | 日々の話 | Comments(0)
2019年 03月 06日

かたづけ

なんか、色々、作ってると
いつの間にか、ぐちゃぐちゃになる。

アルミ棒のドアノブ
d0051533_07310521.jpg
熊ちゃんのランプシェード
d0051533_07304770.jpg
他にも 面白いのあったんだけど、写真取り忘れた。

そんな感じで、ゴチャゴチャ作ってると、
あっという間に、ぐちゃぐちゃになってる作業場の机の上。
d0051533_07310233.jpg
料理する時は、全然汚さずに出来るのになー。
作り終わった時には、ほぼ調理道具の洗い物が終わってるように作れるのに、、。
金属工作は駄目みたい。

なんでかなーと考えてみたら、
料理との決定的な違いは「生もの」かも。
奄美の家は隙間が多いので、「虫」が家の中にいる。(それを追ってヤモリも家の中に大量にいる)
本当にちょっとほっておくと、お皿の中に「蟻」が群がってる。
食器も少しでも油汚れが残ってると、その部分に「蟻」が密集してたり。
そんなわけで、調理道具や食器はすぐに洗って片付ける習慣がついてる。
d0051533_07391006.jpg
工作もおんなじように片付けながら出来ればいいんだけど。
まあ、無理かなぁ。


by takemaru-01 | 2019-03-06 07:52 | 日々の話 | Comments(0)
2019年 02月 24日

アルミ鋳造実験

アルミの仕事をたくさんしたので、
アルミの切れ端がたくさんある。
たくさん集まったら、リサイクルに持っていけば昼飯代くらいにはなるんだけど、
なんだかなー、と思って、なんとかしたいと考えてた。
想いはあったんだけど、実際に行動におこすのは面倒なので、どうすっかな、と思ってたんだけど、
作業場の屋根の補強に縦柱を入れようと思って、地面に穴を掘ってる時に、
突然、ひらめいて、やる気になったので、やってみた。

ゴミ箱にあった断熱材のスチロールをなんとなく切って形にしてみた。
因みに、ひらめいた時に、
電熱スチロールカッターが普通に工具箱から出てくる妻をもって、幸せだなあと思う。
d0051533_22211858.jpg
まあ、その件(妻を持ち上げとく件)は、後日談で利用するとして、
アルミの端材をゴミ箱にあった鍋に入れて熱してみる。

d0051533_22175598.jpg
アルミ材より先に鍋の底が溶けた。
ゴミ箱にあったこの鍋、アルミ製だった。
そりゃ先に溶けるわ。
d0051533_22180559.jpg
気を取り直して、今度は、昔100均で買ったけど活躍の場がなく、
雨漏り用のバケツになってた鉄製の中華鍋風の鍋で溶かしてみる。
d0051533_22181134.jpg

なんなく溶けて液体になったので、
屋根の補強で建てる柱の為に掘ってた地面に、
さっき切ったスチロールを埋めて、
溶けたアルミを流してみた。
(高温で危なっかしいので、流すとこの写真はないです)
d0051533_22184341.jpg
冷えて固まったので引っ張り出す。
ズルっと出てきた何か。
d0051533_22183105.jpg

d0051533_22182562.jpg
ささっと表面を磨くと、それなりの雑貨になった。
今後、なんかの役にたつことが判明したので、
「溜まっていくアルミ端材はやっぱり捨てずにとっておく派」のオレと、
「旦那のスクラップ採集趣味は阻止したい派」の妻の争いになるんだけど、
「紙袋捨てずに取って置く派」と「空き瓶(ジャムとか)捨てずに取って置く派」
の妻との交渉材料になるので、うまく利用しようと思います。
d0051533_22181814.jpg



by takemaru-01 | 2019-02-24 23:06 | 日々の話 | Comments(2)
2019年 01月 29日

BBQ!!

東京から友達が来た。
せっかくなので「家族とみんなで夕飯でも一緒しましょう」という流れから、
その日はとても天候が良かったので、
必然的に「BBQ出来るんじゃない?」
という意見が。
1月後半だけど、風が無く、お日様が出ていれば、シャツ1枚の国なので、
早速、準備にとりかかる。
と、思ったら、BBQコンロが錆で崩れてた。
紙みたいに手でグシャグシャに出来る感じに。
d0051533_17502240.jpg
妻は「ビック2(奄美のホームセンター)に買いに行けば」って言うけど、
このタイプの薄い鉄板コンロは、あっという間に朽ちるので、あんまり欲しくない。
どうすっかな、、、。
あ!そういえば!って、思い出した。
d0051533_17502724.jpg
デカイ中華鍋。
60cmくらいあるかな。
すごい昔に、友達がなんかのお祝いにくれた中華鍋。
ひたすら邪魔だったんだけど、ついに出番が!!

あとは、なんか 脚ないかなーって探してたら、出てきた3本足。
たしか、昔、島唄のライブで使うからっていう理由で作った3本足。

d0051533_17503164.jpg
のっけてみた。
d0051533_17503519.jpg
うん、いける。
高さ調整して、空気穴作って、網のせる台を作って、

完成!!

あとは肉とか海老とか焼いて食べるだけー。
d0051533_17504185.jpg



by takemaru-01 | 2019-01-29 18:15 | 日々の話 | Comments(0)
2019年 01月 18日

作った

手摺りを作った。

まず、現地で木枠を作る。
これを元にデザインと寸法を割り出す。
傾斜の角度とか、高さとか長さとか。
d0051533_10085591.jpg
ジョイント金具を最初に作る。
こういう不確定要素なパーツは最初に作らないと、先に進まない。
たぶん、普通は既製品の金具を買うんだと思うけど、
島では、探すより作った方が早いので、作る。

d0051533_10091857.jpg
次にメインのフレーム作った。
10ミリ厚のフラットバーは叩き曲げ。
キズは気にしない。
アルミといえど、まあまあ硬い。
ここら辺は鉄の方が曲げやすい気がする。
d0051533_10154499.jpg
板の型紙を紙でとる。
d0051533_10081876.jpg
自作の板曲げ器で板を曲げる。
135度くらいなら余裕。
90度の場合はものすごく慎重に、そして頑張らないと曲がらない。
自作なので。

d0051533_10084926.jpg
あと、装飾も作る。
d0051533_10080638.jpg
大好きな仮組み。
仮組みまで来るのは大変で、仮組みを完成まで持っていくのは惰性な感じ。
d0051533_09585037.jpg
隙間にパテして、プライマー吹いて、本塗装して、
手摺りのレール部分に真鍮無垢板を固定して出来上がり。
d0051533_10080298.jpg




by takemaru-01 | 2019-01-18 10:31 | 日々の話 | Comments(0)
2019年 01月 01日

あけまして

あけまして おめでとう ございます


d0051533_08072489.jpg





by takemaru-01 | 2019-01-01 08:09 | 日々の話 | Comments(0)