かたん工作日記

kohsaku.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:なにか作った話( 131 )


2014年 01月 27日

納品完了

叩いて潰すのは、比較的楽なんだけど、
細くするのは、ちょっと時間がかかって、面倒な作業。
こんな細い材料でも、
手で打っているのと、
ガスバーナーで熱しているので、尚更時間がかかる。
d0051533_7114059.jpg

でも、本当に時間がかかっているのは、
「面倒」と思っている
「自分の気持ちを押しのけて作業に入るまでの時間」が一番長かったりする。
始めてしまえば、意外と、あっという間。
d0051533_7113565.jpg

切った材料を叩いて細くしてグルっと丸めて巻く。
d0051533_7112958.jpg

布に入れて暖簾。
d0051533_712445.jpg

1本脚のテーブル。
d0051533_7212784.jpg

引出し付きアクセサリーケース。
d0051533_7221991.jpg

テーブルとスツール。
d0051533_721381.jpg

天板と床はtamarinwindの亮さん仕事。
材質はすべてチーク材だそうです。
無垢板と無垢鉄の相性はとても良い感じ。

セレクトショップ「Carnation」近日オープンです。
場所は奄美大島、名瀬のアーケード抜けてちょっと先左側でございます。
d0051533_720575.jpg

[PR]

by takemaru-01 | 2014-01-27 07:36 | なにか作った話 | Comments(0)
2013年 12月 28日

仕事納め

シャンデリア配線完了。
あとは、現場の天井仕上がりを待って、取付工事に。
その前に
お気に入りのエジソン球(カーボン球)っていう電球で撮影。
ショットバーなんかには似合うけど、
暗いのと電球の消耗が激しいので、
メンテナンスと電力消費を考えて、
今回の電球は全部LEDを使う。
d0051533_9483487.jpg

[PR]

by takemaru-01 | 2013-12-28 09:49 | なにか作った話 | Comments(0)
2013年 06月 25日

本と椅子

本(というか雑誌)が送られてきました。
d0051533_9353780.jpg

そうそう、奄美に来る前に
神奈川県葉山の洋服屋さんの仕事を
ちょこっとだけやったんでした。

そのお店が掲載されているらしくて、
わざわざ、送ってくれたみたいです。
(有難う、久々にお洒落な文化に触れた感じです)

ここの仕事は、形状を凝って造る仕事じゃなくて、
「全体のバランスや風合い、手を入れてなさそうで、きちっと手を入れてある」
みたいな、気を使う仕事で、
素材感を生かす、て感じです。
めちゃ重い扉と、デカいテーブルの脚等々。
(形状は普通なので、写真を撮ってない、、)

で、

この雑誌の表紙、右隅に
「ミラノサローネ」という文字。

あれ、この名前知ってるぞ。

奄美に来る前に
若者デザイナーからの依頼で作った椅子の仕事を出品するって言ってた名前じゃん。
もしかして、載っているのか!と思ったけど、
さすがに、外国の大御所デザイナーさんばかりが載っていたので、
オレが作った椅子は載っていませんでした。
頑張って作ったから、ちょっと残念。
そういえば、作った椅子、ネットに載せていいですよって言われてたんだった。
d0051533_9354630.jpg

この鉄板状態から、パテ打ち、塗装、布貼り工程を経て、真っ赤な椅子になりました。
完成形はご本人のHP(下記リンク)の「FURNITURE」からどうぞご覧ください。
ついでに、赤いランプシェードの中身も僕が作ったものなんで、
そっちも見れたら見てあげてくださいませ。
junpei tamaki design
[PR]

by takemaru-01 | 2013-06-25 10:17 | なにか作った話 | Comments(0)
2013年 01月 12日

シンボルマーク

正直、葉っぱは、どうにかなると、思っていた。
問題は周りのリングだ。
どうやって、作ろうかなぁ、、。

まず、手始めにどうにかなるはずの葉っぱを作り始めてみた。
プラズマで鉄板をカット。
d0051533_9282076.jpg

炙って、鉄の緊張をほぐした後、軽く絞ってみる。
d0051533_9281859.jpg

なんとなく、良い感じになった。
d0051533_9281611.jpg


次に問題のリング。
短冊に切った薄板をVの字の上で叩きながら折ってみる。
d0051533_9281591.jpg

25cmのリングなので、余裕みて80センチ分を折ってみる。
d0051533_9281211.jpg

折った状態でリングにして、溶接で繋いで、
d0051533_9281077.jpg

開いてみる。
こんな風に連続したシワが出来れば、いい兆候。
d0051533_9275969.jpg

うまくリングと葉っぱが出来た。
d0051533_928197.jpg


次は補強兼取り付け用の金具を作って、依頼主に送って完了。

作ったことが無いものは、どうやって作るか考えて、それが上手くいくと、
とっても、嬉しい。
それで、喜ばれたら、もっと嬉しい。
あとちょいお待ちください。
[PR]

by takemaru-01 | 2013-01-12 09:44 | なにか作った話 | Comments(0)
2012年 11月 26日

実験

来年はヘビ。
ヘビといえば、奄美ではハブ。

ハブ柄を作ってみようと、思い立った。

縦糸。(糸じゃないけど)
d0051533_9495910.jpg

万力で挟み交互に広げてみる。
d0051533_950278.jpg

横糸を組み込みながら編んでいく。(糸じゃないけど)
d0051533_950549.jpg

さらに編んでいく。
d0051533_950877.jpg

なんじゃ、こりゃ、、。
彼氏の為に、初めて編んだ手編みのマフラーの断片みたいになった、、。
d0051533_9501020.jpg

仕方ないので、もっかい炙ってみる。
d0051533_9501360.jpg

叩く。
d0051533_9502095.jpg

つぶれる。
d0051533_9502372.jpg

めっちゃ潰して拡げた所と、縦に潰して圧縮した所を作って、
周りを整形。
どっかの遺跡から出土しそうな物が出来た。
見れるようにはなったけど、、
ヘビには見えないので、まだまだ思考錯誤。

上の2本は4つ編みしてみた物。
これも蛇に見えないので、やっぱ、思案中。
d0051533_9502597.jpg

[PR]

by takemaru-01 | 2012-11-26 10:06 | なにか作った話 | Comments(0)
2012年 03月 28日

てすり

d0051533_7575219.jpg

適当なサイズの鉄板を熱して、
お椀状に歪める。
順序としては
全体をお椀状にした後に、
縁の部分を叩いて平にしていく。

形が出来上がったら、周りをカットして
d0051533_7575672.jpg

溶接して箱状にしてみた。
d0051533_7575863.jpg

手摺りの装飾パーツになる。
d0051533_8634100.jpg

反対側のエンドはこんな感じに薄いRに。
d0051533_86488.jpg

上部にはナラの木を付ける。

オレにとって、
アールヌーボー的なデザインはしやすくて、作るのが楽しい。
デコのデザインは難しくて、作るのが飽きる。(同じ形を大量に作ったりするので)
モダンな感じも、デザインには悩むけど、作るのは意外と簡単な感じがする。

でも、一番難しいのは、お客さんの本当に望むもの(喜ぶもの)を作るのが一番たいへん。
[PR]

by takemaru-01 | 2012-03-28 08:22 | なにか作った話 | Comments(0)
2012年 03月 07日

表札

銅板を切り抜きます。
d0051533_9455539.jpg

銅板や真鍮は柔らかいので、糸鋸で切ります。
糸鋸は彫金用の細い鋸です。
ドイツ製で信じられないくらい細いのがあります。

9ミリ厚の鉄はレーザー加工で抜いてもらいました。
d0051533_9455753.jpg


銅を叩き込んでハメ殺します。
d0051533_946070.jpg


鎌倉で奄美でステインドグラス作ってる熊ちゃんが展示会してます。
13日は休みです。
d0051533_946266.jpg

[PR]

by takemaru-01 | 2012-03-07 09:57 | なにか作った話 | Comments(0)
2012年 02月 25日

neko

朝から雨がザブザブ降っていて、出かける気にならない。
どうしようかな。
何か理由を付けて出かけるのを遅らせよう。

僕が以前に作った猫の鉄の絵。
d0051533_1056285.jpg

この写真を見て「ネコをモチーフに贈り物を」という依頼。
ウチの実家のネコなんですが、、。
と、この写真。
d0051533_10405750.jpg

白いネコですか!
白いネコ、、。
どう表現しよう、、。
耳と鼻が薄い茶、、、。
どう表現しよう、、。
そこから悩むこと数ヶ月。
迫る納期。
悩んだ結果。

考えるのを止めて手を動かす事に。
あとは作りながら勝手に決まっていくだろう、、と。
まあ、いつもこんな感じなんですけどね。

まずは絵を描く。
d0051533_1035984.jpg

その絵を元にネコを作る。
d0051533_1035636.jpg

枠の装飾を作る。
d0051533_1035490.jpg

ちょうど良い木枠を拾ったので、はめ込む。
依頼主ご希望で鈴をつける。
(鈴はタイの友人のお土産、ナントカ族の飾りらしい)
d0051533_10351983.jpg


飾り方は
壁に下げても。
d0051533_10352046.jpg

窓辺に置いても。
d0051533_10351433.jpg


結局、白いネコの表現は出来なかったけど、顔を似せる事で勘弁してね。
という事で勘弁してもらったはず、、、たぶん。
[PR]

by takemaru-01 | 2012-02-25 11:16 | なにか作った話 | Comments(0)
2012年 02月 23日

ブドウ取付け

今回の幸せだった点は、
依頼主が同じ職人仲間の木工家具や建具などを作る大工さんだった事と、
その大工さんも施主さん直接だった事、
施主さんが、ヨーロッパ調アイアンが大好きだった事、
そんなわけで、デザインがすべて僕におまかせだった事かなあ。
施主さまの要望はブドウの装飾で派手に大きく。
そんな感じのご希望だった。
あとは、取り付ける日と塗装仕上がりの日に時間の余裕があったので、
雨、雪にさらして、錆びの具合を見て塗装補修が出来た事。
d0051533_6535875.jpg

何しろ、取り付ける場所が外壁の屋根の軒の下。
d0051533_654463.jpg

高さもあるし、下は植木がワサワサしていて、伸びるハシゴもかけられないし、
20kg弱とはいえ、少々重い。
ハシゴに二人は無理だし、
たったこれだけの為に足場を組むのも嫌なだったので、
高所作業車を呼んで取り付けをしたから、
付けて何週間後とかに「錆びたわよ!」なんて連絡がきたら、、
また高所作業車を呼んで補修、、。
そんなわけで、今回の一番、幸せだった所は
安心なところ、かな。
あとは、やっぱり施主さまが一番気に入ってくれた所だなぁ。
d0051533_65411.jpg

[PR]

by takemaru-01 | 2012-02-23 07:20 | なにか作った話 | Comments(0)
2012年 02月 13日

ぶどう

壁に接する部分はサビやすいので、ステンレスで作っとく。
ステンも鉄の仲間なので、熱すれば柔らかくなるし、叩けばつぶれる。
鉄よりも、ちょっと硬いから手ごたえが気持ち悪いので、あんまり好きじゃない。
d0051533_106999.jpg

ステンレスと鉄は溶接が効くので溶接する。
だけど、鉄とステンが融合された部分は鉄なのかステンなのかは判らない。
d0051533_106140.jpg

溶接の接合部分を装飾で隠す。
d0051533_1055818.jpg

ブドウの蔓を流れを考えながら適当に決めていく。
d0051533_1055469.jpg

実際の蔓の育ち方や葉っぱの形状、ブドウの生りかたも考えるけど、
基本的には自分にとって気持ち良い構図で決めた。
d0051533_1054662.jpg


あとは色塗って、取り付けして終わり。
あー、楽しかったー。
[PR]

by takemaru-01 | 2012-02-13 10:25 | なにか作った話 | Comments(0)