かたん工作日記

kohsaku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 25日

奄美大島。

えーと、東京に戻ってきました。
いつか、東京に戻るんじゃなくて
奄美に戻るっていう事になりたいオレです。
d0051533_935960.jpg

今回も色々な人に会って、色んな話をしました。

今回、色々な人に会った中でも
ずば抜けて感心したのは
実は自分の母ちゃんでした。

定年過ぎてのあのパワーももちろんだけど、
それよりも、誰にも対等な彼女の他者に対する目線に感心です。
(酔っ払うとちょっと違うけど)
息子のオレ。
息子のヨメ。
奄美の子供たち。
奄美のⅠターンの人たち。
奄美の地元の人たち。
漁師も釣り人もサーファーもダイバーも
料理人も商店のお婆も、
そして、もっとスゴイなぁって思ったのは
奄美の動植物たちにも対等で、
道端のネコ。
軒先のイヌ。
壁のヤモリ。
草を食む山羊。
浜辺のヤドカリ。
浜辺の貝殻。
珊瑚のカケラ。
網戸に突っ込むカナブン、セミ。
花、草木。
(ヘビはキライ)
そして
空、雲、海。
雨。
日の光。
空気。
d0051533_9393072.jpg

そんな無機質な物にも普通に挨拶して友達になっていく感じなので、
通りすがりの店のオバちゃんに住むとこないですか?
なんて、突然聞いて、
「なんね、住むトコ探してるねー?」
「じゃ、ついてきんさい」「あんたにならココをタダで貸してあげる」
なんて言われたり、
釣りしてる人に突然話しかけて、
「ウチの空いてる家に住んだらいいよ」って言われて
魚や貝をドッサリもらって、
しかも、その人は地元でも喋らない人で有名で
近所の人にびっくりされたり。

母ちゃんの部屋では今日もヤモリがゲッゲッと鳴いてて
その声に「行ってきます」「オヤスミ、もう寝るね」って返事をする母が眼に浮かびます。
d0051533_9392065.jpg

生きるスタイルっていうのは、
人それぞれで色んな考えがあって、おもしろいんだけど、
オレがいいなぁと思う暮らしを営んでいる人がいっぱいいるのは
東京よりも島の人の方が多いわけで、
やっぱり、近々に、
自分の憧れる暮らしで汗かいて汚れる生活をやりに行こうと
決心したのでした。
[PR]

by takemaru-01 | 2008-06-25 09:51 | 奄美での話 | Comments(7)
Commented by tabikiti at 2008-06-25 10:14
まちがいない。
高知も奄美に似いちゅうぜよ
かあちゃん最高やね。
Commented by 玉津庵 at 2008-06-25 11:58 x
「決心」イイ言葉だねぇ〜。
Commented by takemaru-01 at 2008-06-25 20:39
応援、よろしゅうお願いしますね~。
高知にも行ってみたいなぁ。
で、ググルマップで上空から覗いてます。
Commented by morona at 2008-06-26 17:17
汗かいて汚れる生活ってエエ言葉やな。
Commented by takemaru-01 at 2008-06-26 22:11
カッコつけ過ぎたかな~。
ちょい恥ずかしい。
Commented by tep at 2008-06-27 20:20 x
がんばれよタケ
応援してるぜ!
奄美に遊びにいくからな
Commented by takemaru-01 at 2008-07-01 18:22
テプオもなー。


<< 水の中。      海 >>