人気ブログランキング |

かたん工作日記

kohsaku.exblog.jp
ブログトップ
2020年 02月 08日

喜界島に行ってきた

喜界島に行ってきた_d0051533_09293333.jpg
朝、ウチの目の前の海からお日様が昇ってきます。
誘導灯の向こうにうっすら見えるのは喜界島。
奄美大島のお隣の島です。
うーん、良い朝だ!
さあ、今日もちゃんとお仕事しますよ!
喜界島に行ってきた_d0051533_08590088.jpg
と、いうことで、アルミ10ミリ厚のレーザー文字が到着。
今回の お仕事は、
これに取り付け用の細工をして 塗装して 現場で取り付けるのが、
おおまかな お仕事の内容。

今回のポイントは取り付け方法と、取り付け場所。
取付方法は難しくって、悩みに悩んでギリギリまで悩んで、
「あ!なんか閃いた!」って感じで専用の金具を作るアイデアを考えだした。
というところで、
「あれ、もしかして、この金具は既製品であるかも」と思い、ネットで探すと見事に発見。
額縁の裏に取り付ける金具。
喜界島に行ってきた_d0051533_09094219.jpg
やはり この数年で離島暮らしとアマゾンの関係は切れぬものになってる。
昔のオレに見つかったら、鼻で笑われそう。
「何の為に不便な場所に引越したんだよ」って。
そんな自分に「きみ若いね~」としか返せない自分もいてなんか嫌、、。

まあ、それは良いとして、アルミは錆びるので、塗装する。
オーナーさんはシルバーグレイというご希望なので、
自分なりに、ちょっとイメージを膨らませて、
シルバーグレイガルバリウム鋼板のモヤモヤ光り輝く満月
って感じにする事にした。

プライマー塗って、
錆止め塗って、
地色をガン吹き、
あとはスポンジでパタパタと何層にも重ねて、
最後にクリアかけて完成。
喜界島に行ってきた_d0051533_08591319.jpg
うん、なかなか良いかも。
命名、月面風塗装。
喜界島に行ってきた_d0051533_09202818.jpg
だけど、ここで問題発生。
オレ、図面の取付ピッチの寸法見間違えてた。
初日はスゴスゴと退散。
翌々日、再度、挑戦。
無事に付きました。
喜界島に行ってきた_d0051533_08592006.jpg
ココネドコと読みます。
喜界島に行ってきた_d0051533_08592800.jpg
すごく綺麗なゲストハウスです。
女性専用ゾーンもちゃんとありますし、
設備が新品でピカピカだし、
アメニティも充実しています。
喜界島に行ってきた_d0051533_08592463.jpg
「ゲストハウス ココネドコ喜界島」
そう、このゲストハウスは喜界島にあります。
喜界島は奄美からは飛行機か船で行きます。
近いけれど遠い島。
最近のLCCのおかげ(おかげ?)で大阪に片道3000円位で飛べる日もあるのに、
ウチから見える島には片道7000円ほどかかるという、この矛盾。
僕は離島割引が使えるので、もうちょっとお安く行けますが、LCC値段には遠く及びません。
ですが、離島好きな人は行く価値はあると思います。

ん?あれ?ということは、初日に失敗した日はどうしてたの?

そう、ここから「喜界島に行ってきた」の話が仕事とは別で始まります。

---------------------------------------------------------------------
喜界島に行ってきた_d0051533_09544534.jpg
朝、わーい隣の島だ、15年ぶりくらいかなー。早く仕事終わらせて遊ぶぞー。
でも、うまく取り付くかな心配だなー
と、思ってたオレ。
喜界島に行ってきた_d0051533_10011137.jpg
わーい、プロペラだー!あ!あのステッカー、ハミルトンじゃん、かっこいい!
と、思ってたオレ。
喜界島に行ってきた_d0051533_09543989.jpg
奄美空港 飛び立つ。
喜界島に行ってきた_d0051533_09543618.jpg
お!うっすら虹
島では珍しくないけど、何回みても嬉しい。
喜界島に行ってきた_d0051533_10073361.jpg
皆様、当機は安定しましたがベルトは外さず、、というアナウンスに続けて、
皆様、当機は着陸態勢に入りますというアナウンス。
飛んだというより、ジャンプした感じ。
喜界島に行ってきた_d0051533_10150301.jpg
到着、とても、のどかな空港。
喜界島に行ってきた_d0051533_10150760.jpg
さて、仕事も出直しだし、帰りの飛行機は夕方だし、やることも無いので、
原付バイク借りて島を探検しよう。
喜界島に行ってきた_d0051533_10151487.jpg
喜界島マップ
1周、原付で1時間半くらい
自転車でも3~4時間くらいかなぁ。
喜界島に行ってきた_d0051533_10151074.jpg
空港の向こう側にある、
たぶん人工のビーチ
喜界島に行ってきた_d0051533_10151973.jpg
この島はサンゴで出来てるので、海岸線は基本ゴツゴツしてるみたい。
この日は風が強く、ちょい荒れ。
喜界島に行ってきた_d0051533_10153095.jpg
たまに入り組んだとこに砂が溜まってビーチになってる。
砂が大島と違って真っ白で綺麗。
大島は赤土が混ざってて、ちょっとピンクなのだ。
これ、オレ個人の大島のガッカリポイント。
原因は判ってるけど仕方がない。
喜界島に行ってきた_d0051533_09543164.jpg
何気なく止めて、ウロウロしてたら、足元に?なんか文字?
誰かが作った文字。
喜界島に行ってきた_d0051533_09540411.jpg
ポツンと立ってた。
喜界島に行ってきた_d0051533_09542848.jpg
島の内陸、綺麗すぎるけど、サトウキビ農道。
喜界島に行ってきた_d0051533_09540639.jpg
別角度
喜界島に行ってきた_d0051533_09540121.jpg
中心は台地みたいになってるぽい。
眺めがいいけど、この島は風裏がない。
どこ、行っても強風。(この日は)
喜界島に行ってきた_d0051533_09535400.jpg
台地っぽい。
喜界島に行ってきた_d0051533_09535867.jpg
周り何も無いのに、よく台風で折れないなー
この大きなガジュマル


15年前くらいに遊びに来たことがある島だけど、
島で暮らす前だったので、だいぶイメージが以前と違った。
ここは良い意味で何もない島だ。
もちろん島で暮らす人にはデメリットだと思うけど、
フラっと立ち寄ってリフレッシュするには最適な島だな、と思った。
原付で走って感じたけど、サイクリングにはとても良い島だと思う。
1周たぶん3~5時間で外周は高低差少ないし、車も少ない。
オレ、たぶん2台くらいしかすれ違わなかったし、1台も並走しなかった。
追い越される事も追い抜く事もなかった。
道も綺麗で走りやすい。
内陸も真っ直ぐの道もあれば、山道もあるし、整備されてる。
島がコンパクトだからか整備が行き届いてるのかな。
サイクリストやマラソンランナーには超オススメな島と感じたのだった。

で、翌々日、出直しで取り付け仕事をして、
次はフェリーにバイク積んできて、ノンビリ走り回ろうと決めた。









# by takemaru-01 | 2020-02-08 10:57 | 日々の話 | Comments(0)
2020年 01月 06日

A型サインボード

と、あるお茶屋さんからのご相談。
いわゆるA型フレームの立て看板を作りたいとのこと。
デザインは「アビコムデザイン」さんが行い、フレームと盤面を担当した。

まあ、フレームはいつも仕事なので、ちゃっちゃと製作。
A型サインボード_d0051533_09535341.jpg
今回のサインは海外のお客さん向けという事で、
英語で、しかも文字数が多い!!
全部、手描きは大変だ!!
という理由と、今後も絶対使うって~という理由もつけて、
ついにカッティングプロッター購入。
けっこう、小さい、、。
大丈夫かな、、。
A型サインボード_d0051533_09540921.jpg
という心配をよそに、普通に切れた。
本当は、ちょっと問題があったけど、きれいに切れた。
問題はDXFデータの変換や取り込みの時に、なぜか変化しちゃう部分があって、
気づかずにカットしたら、「ん~なんだここ?」てことが起きたくらい。
手切りでちょちょいと切って解決。

この機械は、プリンターみたいにヘッドが動いて、自動で紙を切ってくれる道具なので、これでカッティングシートをカット。
文字部分を剥がして、
透明のレタックシートで一体化し、盤面に貼り込み。
透明シート剥がし、
塗料をパタパタして色を乗せる。
A型サインボード_d0051533_09540190.jpg
その後、カッティングシートを剥がして、完成。
異常にゴミが多くでる作業だった。
でも綺麗に書けたし、すごい細かいのも出来た。

A型サインボード_d0051533_09535755.jpg
A型サインボード_d0051533_10234275.jpg
これで、バイクのステッカーやらなんやら作り放題だね!







# by takemaru-01 | 2020-01-06 10:25 | 日々の話 | Comments(0)
2020年 01月 02日

あけましておめでとう2020

人それぞれだけど、
塊から、削りだして作るよりは、
塊を積み重ねて作るほうが、形を作りやすいと思う。

わかりやすく言うと、木を掘って作るのと、粘土で盛って作る方法。

前回、スチロールから削りだしてネズミ作ってみたけど、
なーんか違うので、やっぱり粘土で作ってみた。
あけましておめでとう2020_d0051533_09035181.jpg
作ってみたけど、子供用の油粘土しかなかったので、
原型にするには柔らかすぎて、
せっかく石膏で割り型作ったけど、
石膏が硬化する前に原型粘土が動いちゃって
うまく出来ずに1個しか抜けなかった。
あけましておめでとう2020_d0051533_09211143.jpg
なので、相変わらず、この世に1個です。
あけましておめでとうございます。


# by takemaru-01 | 2020-01-02 09:22 | 日々の話 | Comments(0)
2019年 12月 05日

喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます

来年の干支はネズミです。
毎年、恒例になってる年賀状用の干支オブジェ作り。
でも、今年はお悔やみがあったので、年賀状が送れない。
じゃあ、今年は休んじゃおうかな、とはならず、、。

まず、現場でもらってきた断熱材でネズミを作る。
でも、なんか失敗。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22485992.jpg
気に食わないので、作り直す。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22483256.jpg
あれ?最初よりも駄目。
リスになっちゃった。
やっぱ、想像で作っちゃだめだ。
デッサンからやり直して、再度作り直し。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22482791.jpg
お、後ろ姿はいいんじゃない?
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22482137.jpg
なーんか違うけど、ま、いいか。

次は、鋳物用の砂を作ってみる。
前回は庭の地面を掘って、適当にしてみたんだけど、
今回はちゃんとする気になったので、ちゃんと調べてみた。
どうやら、鋳物の砂はベントナイトっていうのが入ってるらしい。
「ふーん、べんとないと、、」って調べてみた結果、島で手軽に手に入るベントナイトはこれだった。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22481509.jpg
うん、原材料にも書いてある。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22480935.jpg
でも、この猫砂は粒が粗い。
まあ、ネコ用だし、しょうがない。

喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22475907.jpg
「細かくする機械ありますよ」って陶芸家の友達が言ってくれてたんだけど、
やる気があるうちに動かないと、すぐサボり癖がでちゃうので、勢いで細かくする。
うーん、細かくする方法、、、。
と、辺りを見回し、、。
あ、これでいいや。
そろそろ交代時期が近づいた皮手袋。
これに、ネコ砂をザラーっと入れてみた。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22475019.jpg
あとは、ハンマーで叩く!
指先とかガンガン叩く!
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22475322.jpg
細かくなったけど、なりきれない粒もある。
うーん、ふるい、、。ふるいないかなー。
あ、網戸の切れ端があった。
て、ことで、網戸で粒々を仕分け。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22474361.jpg
うまく分かれた。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22473885.jpg
ベントナイトと砂を混ぜたのをバケツに入れて、、
そこにネズミを埋めて、、。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22472678.jpg
ネズミをもっと埋めて、、。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22472705.jpg
アルミの端材を燃やす!
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22471728.jpg
ドンドン溶かす!
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22471880.jpg

溶けたアルミをバケツに埋まったネズミにかける。

喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22471340.jpg
数十分後、、。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22470298.jpg
よいしょ。

喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22465209.jpg
ホカホカのネズミ、、?
うーん、やっぱ、砂の粒子が粗かったか、、。
表面がブツブツ。
まあ、磨くからいいや。

磨きながら、50ミリ厚の断熱材の限界で足りなかった部分や造形的に必要な部分を溶接肉盛り。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22485438.jpg
て、感じで完成、、かな。
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22484203.jpg
喪中につき、ネズミ鋳造にてご遠慮させていただきます_d0051533_22483746.jpg
光っててうまく写真が撮れない。
年賀状がないので、喪中はがきの代わりに、この場で、、

喪中のため、新年のご挨拶を失礼させていただきます。
では!!



# by takemaru-01 | 2019-12-05 23:30 | 日々の話 | Comments(3)
2019年 12月 02日

寒くなってきた。

ここ最近は、
いつものステンドグラスのシェードランプ用のスタンド作り。
オレもステンド始めたら、シェードもスタンドも自分の思い通りのが
出来上がるなーとは思うけど、それはそれ。
寒くなってきた。_d0051533_21175719.jpg
こっちもステンドのランプシェード用の吊り下げ金具。
奥の白いのは、サーフボード用のラック。
亜鉛材で作ったので、後で黒くする。
寒くなってきた。_d0051533_21174414.jpg
そんで、今日はアルミ溶接三昧の日。
ビビー!!っと溶接してると、
なにかどこかから視線というか、気配というか、物音というかを感じる。
寒くなってきた。_d0051533_21173631.jpg
なんかなー、と顔を上げると、、
んー?
寒くなってきた。_d0051533_21174538.jpg
あ、そこに居たのね。
久しぶり!!
寒くなってきた。_d0051533_21180408.jpg


# by takemaru-01 | 2019-12-02 21:32 | 日々の話 | Comments(0)