かたん工作日記

kohsaku.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 26日

つくりかた

金属を使って立体物を作る仕事をしているんだけど、
全体の形や寸法、材質なんかを図面上で考え、決められて、
作る時に、形状やバランス、強度など何も考えずに作れる仕事は結構楽チン。
(作り方は考えるけど)
例えば、こんな四角いイスを作る場合は、図面で全部決めれる。
d0051533_9305499.jpg

図面で決まってしまえば、
こんな風に、一気にたくさん作れるので、早く作れる。
d0051533_931361.jpg


でも、1点物の作り物は図面では分からない全体のバランスや線を出すのに、
実際に作りながら、決めていく事になる。
だから、時間もかかるし、試作がたくさん必要になる。

例えば、前回の照明器具の瓶を留める木の部分。
d0051533_939523.jpg

この部分をどうするか、何で作るか、色々試作した。
d0051533_9394553.jpg

一番しっくりする方法で形が決まったので、
友人の「Faja arts and crafts」に相談して、
島のヒトツバっていう木を木工旋盤で回してもらう。
d0051533_9395915.jpg


瓶の光り方が大事なので、実際に照明器具を色々用意して、
どれが一番キレイか実験したり、
d0051533_9401150.jpg

メンテナンスの事も頭において、実際に電球交換が問題ないか検証したり。
d0051533_940623.jpg


考えながらの作り物は、
楽しい部分もあるけど、苦しい部分もあるし、
決まった形を作るだけの仕事も、
同じく、楽しく作れる部分もあるけど、面倒な部分もある。

どっちも、同じ条件で同じ気持ちで作れれば、良いなぁ、とは思う。
[PR]

by takemaru-01 | 2014-03-26 10:03 | 日々の話 | Comments(2)
Commented by 通りすがりのmurasamen at 2014-03-29 00:39 x
哲学なんだなぁ〜っ!あっ!すみません!どれ位振りかの勝手なコメント!製作行程は楽しいです!酒飲んでますか!?すんません。通りすがりの酔っぱらいな者でして…。
Commented by takemaru-01 at 2014-04-07 10:15
サラっと飲むなら「里の曙」か「れんと」で。
味わいたいなら「竜宮」や「長雲」やら「加那」で。
ガツンと来たいなら、「紅さんご」とか?
普段は甘めの「緋寒桜」飲んでます。


<< 板切る      ボトルシャンデリア >>