かたん工作日記

kohsaku.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 20日

和野の空撮写真

朝、集落放送が鳴る。
鳴るっていう表現が正しいのか、判らないけれど、
とにかく、集落的なイベント予定を区長さんが、放送する。
(他にも老人クラブの放送や、県からの気象注意報なんかが鳴る)

その日の集落放送は最初から、
「ん?これはいつの話しだろう?」と思う話だった。
「太平洋戦争により、年金支払いの期間がナントカナントカ~」
「集団就職による年金支払いのナントカナントカ~」
など、聞き慣れないような、テレビや映画で聞いたような、そんな話だった。

僕の住む集落は、8割はお年寄り。
みんな畑に出て、野菜を育て、今時期は大根を干して切干しにして、
大潮の日は海に出て、貝や魚を獲り、
お餅や黒砂糖でお菓子を作り、
とにかく、よく働く。(とくに女性)
もちろん、働いてないお年寄りもいるれど、
それでも、僕ら若い?者よりも体力と気力は数段上な気がする。

僕の借りている家の物置から、出てきた
「和野集落の海に空港が出来る前の空撮写真」
非常にキレイで長い砂浜だったことが判る。
d0051533_938316.jpg

比較できるようにグーグルマップから現在の和野をキャプチャしてみた
d0051533_956852.jpg


正月にお呼ばれしてご馳走して頂いた、御婆ちゃんの
「シマに住んでいる人はみんな家族みたいな者だから、遠慮せずに遊びに来なさい」と言う言葉。
この家族っていう意味は、確かに血のつながりが濃いシマの集落では、
本当に家族の意味に近いのだろうけれど、
他の土地からきた僕らにも同様に接してくれようとしてくれる事がとても嬉しい。


テーブルが出来上がった。
結構、自分的にはバランスが良くて、良い感じ。
曲線である理由と装飾がある理由が構造と強度のバランスに負けていない感じ。
d0051533_924073.jpg


この後、TAMARINWINDにてチークの天板を載せて、オーナーさんに納めて終了する。
d0051533_92489.jpg

[PR]

by takemaru-01 | 2014-01-20 10:05 | 日々の話 | Comments(0)


<< 納品完了      テーブル >>