かたん工作日記

kohsaku.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 26日

角パイプ曲げる

「これの内部鉄骨を作ってください」
「外装はFRPで作るので、このアウトライン寸法から10~20ミリ小さくお願いします」
という仕事。

この寸法から10ミリづつバックしたら、
内部に使える材料が一番厚い所で2センチ位しかないじゃん。
一番、薄い所は1センチしかないじゃん。

で、曲げ屋さんに出す時間もないので、自分で曲げる事にした。
d0051533_730338.jpg

曲げ屋さんがパイプを曲げる場合は形が崩れないように、
パイプにぴったり合う凹に沿わせて、油圧で曲げるか、
きっちり砂を詰めて、曲げるか、どっちかだと思うんだけど、
今回は砂詰めせずにいけそうな角度だったので、
そのまま、酸素で炙りながら曲げてみた。
比較的うまく曲がったけど、下地だから許されるレベルかな。
d0051533_7301534.jpg

鉄は熱を加えると各々の粒子の結びつきがユル~くなるので、伸びて柔軟性が増す。
曲げる場合は外側は伸び、内側は縮む。
パイプの場合は中が空洞なので、側面は比較的キレイに曲がるんだけど、
外側、内側がへこんだりふくれたりする。
それを抑える為に砂を詰めたり凹に沿わせたりするっていうわけ。

こんな法則は鉄に限らず、世の中や人との関係も、って
格好つけて締めくくろうと思ったけど、
ちょっと無理矢理っぽいので止める。
[PR]

by takemaru-01 | 2011-10-26 07:44 | 日々の話 | Comments(0)


<< 残仕事      丸 >>