かたん工作日記

kohsaku.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 15日

塗り屋のキモチ

話の流れで、なぜか色塗りも請け負う事に。

以前なら、「いいですよ」と言って、
ヨメに任せれば良かったんだけど、
現在、ヨメは育児休暇中。
オレも仕事が少ないので、必然的に育児休暇をしているのだけれど、
たまには、ちゃんと仕事もする。

そんなわけで、色塗りをする。

しかも、どこかの知らない鉄骨屋さんの作った階段の塗装。
形はしっかりしているんだけど、どうにも仕上げが荒い。
グラインダーの痕も40番位の荒目でガリガリやって終わってる。
どう考えても、「オレらはここまで。後は誰か勝手に仕上げときな」状態。
d0051533_6474968.jpg

実はコレは良くある話で、
僕ら鉄骨屋は形を作るのは大好きだけど、
色を塗るのと、パテが苦手な人が多い。(と思う)
色なんて、なんでも黒を塗っておけば良いと思っているし、
パテで仕上げるくらいなら、溶接で埋めて、
グラインダーで均す方が楽、なんて思ったり。(←実際はそんな事ない)

でも、今回は、その、「仕上げときな」と言われる側。
「なんで、オレが、、」「もっとキレイに仕上げとけよ」
ていう負のキモチで塗ってたんだけど、
塗りながら、奄美のバアバの思い出がフワフワと出てきたら、
最後のあたりでは、どんだけキレイに塗れるか、て感じでキモチ良く終われた。
「お兄ちゃまは、どちらからこられたの?そう、婆ちゃまも東京なの。どこそこのお店で等々、、」
ばあば、ありがとう。
ちなみに水性塗料なので、シンナーでフワフワしたわけではない。
d0051533_6475498.jpg


順調に育つ、ウチのムスメはオレに似てオデコが広い。
ていうか毛が生えない。
その代わりに眉毛が濃くなってきたので、ヨメににて男前なのだ。
d0051533_6474733.jpg

[PR]

by takemaru-01 | 2011-10-15 07:44 | 日々の話 | Comments(0)


<< バラ      鉄の窓枠 >>