かたん工作日記

kohsaku.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 06日

扉を吊る

d0051533_7575625.jpg

外壁を切る。
外壁といっても、ペラペラのトタン板だったので、
サンダーであっという間に切れた。
薄い板を切る時は、とてもうるさいのでサッサと切って、何食わぬ顔をする。
何食わぬ顔といっても、文章上、こんな表現をしただけなので、
実際に誰かが見にきたら「イヤ、ホントにスンマセン」という顔になる。

ちなみに、この日の昼ごはんは、お年賀として信州から送られてきた蕎麦だった。
ちょっと前に仙台に行った時のお土産として、
「ずんだプリッツ」という物をご近所さんにあげたんだけど、
後日、(お返しとしては高級すぎるけど)生の本ワサビを頂いた。
生の本ワサビの匂いと辛味は美味しくて、贅沢に蕎麦に絡めて食った。
だから「何食わぬ」というより、「信州蕎麦を本ワサビを薬味にして食った顔」になる、

と、文章を続けようと思って、突然、昼ごはんの事を書いたんだけど、
なんだか、おっさんのギャグみたいになる事に気づいたのと、
この後に続く、扉の話に持っていけない話の流れに、
どうしたもんか、と悩んでいる。

しかも「話は戻るが」とか「この話は置いておいて」とか
そんな言い回しをして解決するのは、なんだか負けたような気がするので、
何か別の方法を、なんて考えているんだけど、
結局、話は戻って、壁を開けっ放しでは、この時期はつらいので扉をつける。
と、いうくだりで話を続けてみる。
d0051533_758283.jpg

この扉は、引退した知り合いのオジサンの作業場で使っていた扉。
捨てるのは勿体無いので、引き取って再利用させてもらった。
d0051533_758026.jpg

なかなか、良い感じ。
そういえば、扉や門扉の取り付けの事を、「吊る」っていうんだけど、なんでだろう。
「扉を丁番で吊る」という使い方をする。
上から丁番で取り付けてあるなら、なんとなく吊る感じがするけど、
横からだと、少し違和感がある。
まぁ、「吊る」って言う方が専門家っぽくて格好良いので、たまに使ってやろうと思うんだけど、
結局、職人同士にしか通じない言葉なので、使ってもあまり格好良く決まらない。
しかも、僕は大概一人で仕事をしていて話す相手も居ないので、やっぱり、格好良くは決まらない。
だから、今回も一人で扉を吊り込む。

そして、こんな作業も、朝飯前ならぬ、昼飯前だったので、
結局、「何食わぬ顔」というより、「昼飯前の顔」になって、
「信州蕎麦を本ワサビを薬味にして食った顔」では無くなってしまったので、
話の脈絡が根底から崩れてしまった。

という締めくくりで話を戻して、今日の話は終わるのである。
[PR]

by takemaru-01 | 2011-01-06 09:19 | 日々の話 | Comments(3)
Commented by 玉津庵 at 2011-01-06 10:09 x
扉、ぴったしじゃん。しびれるね、あの扉がまた明けられる。
明けましておめでとうございます〜(おっさんギャグか・・)
Commented by takemaru-01 at 2011-01-06 10:29
完成はまだ先ですが、いつでも起こしください。
駅まで迎えに行きますので~
Commented by tep at 2011-01-07 08:15 x
扉、外からと見たところと、内から見たところのギャップが
おもしろいなぁ~撮影セットっぽくて~
まぁおっさんな歳なのでオッサンギャグもしかたないかと・・・


<< うりきれ      ひきつづく >>