かたん工作日記

kohsaku.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 16日

素材

鉄、
d0051533_10100822.jpg
ステンレス、
d0051533_10101156.jpg
アルミ
d0051533_10100411.jpg




最近はこの3種類の素材を使う。

やっぱ、島だと、鉄の耐久力がないので、
屋外の場合はステンレスをオススメするんだけど、
加工の硬さと熱の歪みと材料費が高いので、あんまり使いたくない。
焼け取りも面倒だし、
結局、貰い錆するので、塗装するし。

鉄は安いし(本当は島内はちょっと高い)柔らかいので扱いやすいし、
素材感もでるし、とても良いんだけど、
歳と共に、重さを感じる。

その点、アルミは加工しやすいし、軽い!
片手で持ち上がるし、油汚れもない!
狭い作業場内での移動が楽チン!
鉄だと大きいパネルなんかはひっくり返すの大変なんだけど、
軽いと何回でもひっくり返せる気持ちになる。
僕の仕事は装飾が多いので、強度や精度が関係ない部分もあるので、
良いかも!
もう40歳超えてるし。
軽いの最高!

アルミ装飾の時代だな、と思う、今日この頃でした。

でも、アルミも錆びるんだよなー。


[PR]

# by takemaru-01 | 2017-11-16 10:17 | 日々の話 | Comments(0)
2017年 10月 26日

ずっと雨だった。

ちょっと東京行ってた。
今回はステンレスでこんなの作ってくださいという製作依頼。

ステンレスだけど、色塗るので光ってない材料で作った。
安めだし、塗料も乗るし。

て、ことで、

まずは
グニグニ曲げる。
d0051533_09172637.jpg
たくさん曲げる。
d0051533_09134636.jpg
準備できたら、組み立てる。
d0051533_09134200.jpg
どんどん組み立てる。
d0051533_09133966.jpg
最後に飾る。
d0051533_09133545.jpg
完成したら、引渡しして、色塗って取り付けてもらう。
d0051533_09365389.jpg

完成した写真を見て、
思った以上に高級なオブジェっぽくなっていて、
色って大事だなって思った。



[PR]

# by takemaru-01 | 2017-10-26 09:34 | 日々の話 | Comments(0)
2017年 10月 05日

ひさしぶり

ものすごく久しぶりに名瀬に行った。
ムイラマイラさんに
スイジガイの納品と
去年納めたツリーの錆具合の確認。
d0051533_00131923.jpg
d0051533_00123574.jpg
あと、
久しぶりに用安の「夢紅」にパスタ食いに行った。
先日、納めた銅板クニャクニャしたやつが
上手に飾られていて嬉しかった。
d0051533_00123041.jpg
あとは
毎日、アルミを叩いて叩き跡付ける作業してる。
d0051533_00180393.jpg

[PR]

# by takemaru-01 | 2017-10-05 00:21 | 日々の話 | Comments(0)
2017年 09月 29日

大工した

夏の暑い陽射しの下。
大工さんとして仕事してました。
たまに、別の仕事するのも楽しい。
d0051533_23370289.jpg
でも暑かった。
棟上して屋根の野地板貼るまでは直射日光ガンガンでした。
風が無い日がきつかったー。
でも、無事に棟上終わって、餅投げして、僕の大工としての仕事も終わり、
本業の金属製作に戻ります。
d0051533_23224770.jpg





[PR]

# by takemaru-01 | 2017-09-29 00:18 | 日々の話 | Comments(0)
2017年 09月 15日

3面

すっごい昔に、
「とある島に旅行に行こう」と、
付き合ってた彼女が言った。
その時に、
その島に住む会った事もない人から電話が来て、
「島に来るなら銅板で大きい器を作ってきて!」
とお願いされた。

初めて自分で銅板買って、
鍛造の手引書を買って、
とにかく、叩いて叩いて叩いて、
なんとかそれっぽい形となって、
普通の鉄工仕事しかしたことのなかった僕の、
初めての叩き仕事となった。
d0051533_11413596.jpg
さて、それから十年以上経ち。

その彼女は妻になって、
とある島に暮らす事になり
子供も2人。

その銅板を「もっとワインボトルが納まるくらい深くして欲しい」とお願いされた。
当時よりも叩き仕事が分かってきたとはいえ、
しょせん付け焼刃。
ルービックキューブで言えば、
2面は出来るけど、3面はたまに偶然でしか出来ない程度。
どうしても全面そろえるには、
シールを剥がしてキレイに貼り直すしかない。
ぶっちゃけ、既存の物と違う一風変わったシールを貼り直して仕上げて、
「まあ、これも良いよね」という結果に持っていく技術だけは得意だ。

て、ことで今回も
その方向で深くした。
d0051533_11414156.jpg


[PR]

# by takemaru-01 | 2017-09-15 12:00 | 日々の話 | Comments(0)